본문 바로가기

高麗青磁

高麗青磁は高麗時代に作られた青く光る磁器を一括していう言葉です。高麗時代に青磁は「沙器・砂器」「青瓷」「緑瓷」「青陶器」「青沙(器)」等、いろいろな名称で呼ばれていましたが、徐々に青磁という名前が使われるようになりました。最もよく作られた青磁の青い色は翡翠玉の色に似ていたため「翡色」と呼ばれ、初めて青磁を作った中国人も「天下第一」と称賛するほどでした。

高麗青磁は中国に続き世界で二番目に作られた磁器であり、我々の先祖の高い文化水準と芸術魂がそっくり盛り込まれている高麗時代を代表する文化遺産です。

高麗青磁の発展過程

高麗青磁は高麗時代9~10世紀頃、中国の浙江省地域の磁器製作技術に影響を受け初めて作られました。

12世紀から高麗の磁器の製作技術は急速に発展し、特に、素焼きによる青磁の製作は高麗人自ら青磁の色を「翡色」と称するほど高麗青磁の色が美しくなりました。高麗中期には日常生活容器をはじめとして香炉、祭器、瓦、タイルなど色々な形態の青磁が作られ、陰刻・陽刻・圧出陽刻・象嵌・鉄白画・銅画・鐵彩象嵌・透刻・画金青磁など多様な種類の装飾技法が完成されました。また、動物や植物の姿を真似て作った象形青磁も作られて華やかな高麗青磁製作の絶頂期を迎えます。

高麗後期には磁器の製作条件が次第に難しくなってほとんど模様がない青磁が生産され、胎土や釉薬の品質が落ちて衰退の道を歩むことになります。一部製作された象嵌青磁もやはり反復的な模様だけが装飾されるなど製作方法が簡単なものに変わっていき、朝鮮初期の粉青沙器の製作にその伝統が繋がりました。
  • 青磁淳化四年銘壺
    高麗初期, 梨花女子大学博物館
  • 靑磁獅子形蓋香爐
    高麗中期, 国立中央博物館
  • 青磁象嵌柳蘆水禽文己巳銘鉢
    高麗後期, 海剛陶磁美術館

全羅南道康津郡大口面青磁村ギル 33   TEL)061-430-3755

Copyright 2015 @ 高麗青磁博物館. All rights reserved.